NY金:続伸で1473.40ドル、米中通商協議の先行きは依然として不透明

2019年11月15日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:35JST NY金:続伸で1473.40ドル、米中通商協議の先行きは依然として不透明
NY金先物12月限は続伸(COMEX金12月限終値:1473.40 ↑10.10)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+10.10ドルの1オンス=1473.40ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1461.70−1475.50。米中通商協議で知的財産や農産物の購入、関税についての最終合意に達することは容易ではないとの見方が広がっていることや、中国経済の成長鈍化に対する警戒感が再浮上していることが金先物の上昇につながったようだ。《CS》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース