秋葉原に巨大なアダルトゲーム広告、東京都が現地調査に

2019年11月13日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 表現の自由とセクハラを巡り騒動が続く昨今だが、今度は秋葉原の路上に巨大なアダルトゲームの広告が登場、東京都や千代田区に問い合わせが相次ぎ、役所が調査や指導に乗り出すという事態になっているらしい(弁護士ドットコムニュースBLOGOSTogetter)。

 問題の広告は11月1日に秋葉原のトレーダー3号店に設置された「もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロ♡アプリ学園!」というアダルトゲームのもので、作品名が示す内容そのままの過激な内容であったようだ。問い合わせが殺到した都では「東京都青少年の健全な育成に関する条例」違反の疑いで現地調査を行い、また区でも区条例違反で指導を行う方針だという。

 こうした行動を受けてか、広告は11月8日には張り替えられていたという。この広告に対しては、表現の自由を訴える声もある一方で、規制の根拠となってしまうとの批判が多く上がっているようだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | 広告 | ゲーム

 関連ストーリー:
北海道、有害図書指定の際の議事録を残さず 2018年08月16日
「エロマンガの表現」や「エロ本自販機」に関する調査をまとめた書籍、有害指定される 2018年04月19日
栃木県壬生町、小中学生にスマートフォンや携帯電話、SNSを使用を控えるよう共同宣言を出す 2016年07月20日
「有害図書」をコンビニで陳列する際に表紙を隠すよう求める堺市の協定、市側は問題なしと主張 2016年04月05日
録画視聴が普及したため、深夜帯番組でも青少年を考慮すべき? 2015年12月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京都秋葉原

広告