国際 RSS

 

終身刑の受刑者が病気で一時危篤に 「死んだので終身刑満了」と釈放求める 米国で

2019年11月13日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国で終身刑となった受刑者が、服役中の病気によって「一時的に死亡状態になった」ことで終身刑は満了したと主張して釈放を求める裁判が起こされたそうだ(AFPCNN)。

 この受刑者は服役中に敗血症で危篤状態になり、5度にわたって蘇生処置を受けたという。その後回復し再度収監されたという。これを根拠に、「自身は死んだ」と主張したそうだ。

 一方裁判所は「死んでいるならこの訴えは意味をなさない」とし、監察医が死亡宣告するまで刑期満了にはならないと判断、訴えを棄却した。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 法廷 | 変なモノ | idle | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
ドイツで投薬によって85人の患者を殺害した看護師、死刑制度がないため終身刑に 2019年06月11日
スパム+余罪で合計101年の懲役刑 2007年01月18日
人工冬眠を利用した重傷患者の治療、米国で実験開始へ 2014年03月30日
負傷兵士を仮死状態にして生存率を上げる技術、豚での実験開始へ 2009年12月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

広告