経済 RSS

 

おもてなし、に絞られる知恵

2019年11月12日 20:12

小

中

大

印刷

「茶室ryokan asakusa」の部屋。(画像: レッドテックの発表資料より)

「茶室ryokan asakusa」の部屋。(画像: レッドテックの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 爆買いに象徴されたインバウンダーの日本の楽しみ方が、「体験型に舵を切った」と伝えられる。その意味で興味深い二つの事例を知った。

【こちらも】活気づく地方都市・福岡、九州初の「ザ・リッツ・カールトン ホテル」も誘致

 1年後の東京五輪・パラリンピックにまさに照準を合わせるように、奥浅草(浅草観音堂裏)に訪日外国人がいかにも喜びそうな旅館が7月20日オープンした。「茶室ryokan asakusa(チャシツ・リョカン・アサクサ)」。不動産物件の賃貸・販売を手掛けるレッドテックの文字通りの「作品」。

 外国人に人気の浅草まで、「つくばエキスプレス」「地下鉄・東武線」浅草駅から徒歩圏内。全10室。それぞれデザインは異なるが、全て畳敷きの和室。そこには「日本の居室文化」がふんだんに盛り込まれている。具体的にはこんな具合。

 「手漉き和紙の障子」「季節感を覚える掛花(かけはな。四季の花鳥を組み合わせた薬玉:くすだま:形の部屋飾り。公家文化の名残)」「坪庭(京町屋に代表される小規模な和風の庭)」「風炉先屏風(茶道具の一つ。茶をもてなす際に畳の向こう側に置く二つ折りの屏風)」「襖」「暖簾」など、日本独自の間仕切りが設けられている。また「網代天井(竹皮や割竹、杉・檜・椹などの扮板を互い違いに潜らせて編んだものを張った天井)」「小さな扉から潜るようにして入る客室」なども、茶室を模した創り。

 建築デザインは、「自然と建築」の融合で知られ、内外の各賞を受賞している前田圭介氏。「庭屋一如」をモチーフにした「江戸らしさを彷彿させる」デザインを前面に押し出したという。アートディレクターは「北川一成の仕事術」の著書でも知られる北川氏。例えば、オリジナルデザインの浴衣等々を手掛けている。

 最上階の客室には、「東京スカイツリー」や浅草の街が一望できる露天風呂が設けられている。料金は部屋によって異なるが、朝食付き1泊2日で1人当たり1万2000円から。インバウンダーならずとも無粋な私も泊まってみたくなる。

 一方、大阪市ではこんな動きが始まっているという。衰え続ける銭湯。そんな銭湯の経営者が「銭湯は日本の文化だ」と一念発起。近隣の民泊業者に声をかけ、訪日外国人の「訪銭」を企画・実証実験を行った。

 入浴前に銭湯の入り方を紹介する動画を流す。入浴料に料金を上積みし(このあたりがいかにも関西人らしい?)浴衣やバスタオル・石鹸などを提供。入浴後は提携店の割安飲料で喉を潤す策も執った。

 結果は「クール(かっこいい)!」「ラブジャパン」の称賛の声・声。民宿側からも「風呂の跡片付けをしなくて済む」と好評。いま難波の銭湯に「インバウンダーウエルカム」の流れが根差しつつあるという。

 工夫を凝らした「おもてなし」こそ、真のお・も・て・な・し!(記事:千葉明・記事一覧を見る

関連キーワード訪日外国人民泊東京スカイツリー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース