CREロジスティクスファンド ロジスクエア三芳2の物件取得に係る優先交渉権取得

2019年11月11日 17:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:11JST CREロジスティクスファンド---ロジスクエア三芳2の物件取得に係る優先交渉権取得
 

CREロジスティクスファンド投資法人<3487>は8日、同社のスポンサーである株式会社シーアールイー<3458>より、物流施設「ロジスクエア三芳2」の取得に関する情報を第三者に先立ち優先的に同投資法人の資産運用会社CREリートアドバイザーズに提供し、優先的に売買交渉する権利を付与されたことを発表。

これにより、将来の物件取得機会を確保し、今後本物件を適切なタイミングで取得し外部成長を達成することを目指すとしている。
また、シーアールイーは10月31日に、埼玉県ふじみ野市において物流施設開発用地123,389平方メートルを取得することを発表しており、当該開発物件もCREロジスティクスファンド投資法人に組み入れられることにより、将来の成長余地が拡大することが見込まれる。


ロジスクエア三芳2は、埼玉県入間郡三芳町に2021年3月末竣工予定。計画延べ面積は18,096平方メートル、鉄骨造地上4階建て(倉庫部分3層)。都心部へのアクセスに優れ、周辺は物流拠点立地として埼玉県内でも有数のニーズの高いエリアで、24時間稼働が可能な立地条件を備えた物流施設となっている。《SF》

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース