ソフトバンクCTO、災害時に携帯3社で回線の相互開放が必要と述べる

2019年11月8日 12:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ソフトバンクの宮川潤一CTOが同社の決算会見で、災害時などにドコモ・KDDI・ソフトバンクの携帯3社でネットワークの相互開放を行う必要があると述べた(Engadget日本版)。

 実際、9月の台風15号によって特定の事業者の回線のみが利用できないといった状態が発生しており、相互開放が実現すればこうした事態に対応できるという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 携帯電話

 関連ストーリー:
熊本地震による携帯電話各社の通信障害、継続中 2016年04月18日
携帯基地局連続ケーブル切断 2009年04月09日
新潟県中越沖地震による携帯基地局への影響 2007年07月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクNTTドコモKDDI

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日産・キックス(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ぺんてるが販売している「マークシートセット」(画像: ぺんてるの発表資料より)
  • 画像はイメージです。(c) 123rf
  • 車内で抗菌するイメージ。(画像: ジェックの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ディモルフォスをスキャンするHERAのイメージ (c) ESA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース