Xiaomi、腕時計型ウェアラブル端末「Mi Watch」を中国で発売へ

2019年11月8日 12:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 中国・小米科技(Xiaomi)が同社初のスマートウォッチ「Mi Watch」を発表したで、具体的な販売地域は未発表だが「グローバルで」販売する計画だとしている(TechCrunchITmediaSlashdot)。

 Mi WatchはApple Watchと同様の「デジタルクラウン」やボタンを備えており、常時点灯に対応する1.78インチのAMOLEDディスプレイを搭載する。プロセッサはSnapdragon 3100、メモリは1GB、ストレージは8GB。eSIMも内蔵し、単体での通話が可能なほか、NFCにも対応する。OSはGoogleのWear OSをカスタマイズした「MIUI for Watch」。

 まず中国で11日より発売され、価格は1999元(約3万円)から。今後海外での発売も計画しているようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
中国スマホ大手Xiaomi社、2020年にも日本市場へ参入 複数のスマホやウェアラブル端末を投入 2019年11月06日
Google、ウェアラブル大手Fitbit買収へ 2019年11月02日
ソニー、ハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist」を英国で発売へ 2019年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国GoogleAppleSnapdragonApple WatchXiaomiウェアラブル端末スマートウォッチ

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース