8世代目となる新型VWゴルフ、欧州で発表、発売開始は12月

2019年11月7日 09:34

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日本での発表が待ち遠しい8th Golf、スタイリングはいかにもVWらしいシャープなフォルムだ

日本での発表が待ち遠しい8th Golf、スタイリングはいかにもVWらしいシャープなフォルムだ[写真拡大]

写真の拡大

 独フォルクスワーゲン(VW)は、第8世代となる新型「Golf(ゴルフ)」を発表した。世界の小型車のベンチマークとして市場を牽引してきたVWゴルフで初めて48Vマイルドハイブリッド機構を搭載した「eTSI」を設定したほか、プラグインハイブリッド車の「eHybrid」も同時に設定した。欧州で2019年12月に発売する予定だという。

 新型Golfの欧州版パワートレーンは、ガソリンターボ「TSI」、ディーゼルターボ「TDI」、天然ガスエンジン「TGI」、そしてマイルドハイブリッドの「eTSI」とプラグインハイブリッドの「eHybrid」の5種のラインアップとなる。

 マイルドハイブリッドは、48Vのベルト駆動式スタータージェネレーターと48VのLiイオン2次電池を搭載。TSIエンジンと7速DSGを組み合わせる。アウトプットは81kW(110ps)、96kW(130ps)、110kW(150ps)の3種類用意した。

 プラグインハイブリッドは、1.4リッターTSIエンジンとモーター、6速DSG、Liイオン2次電池を組み合わせ、出力150kW(204ps)と180kW(245ps)の2種類。そして180kWモデルの高性能モデル「Golf GTE」となる。

 最初の供給されるガソリンエンジン車は、60kW(90ps)と81kW(110ps)の1リッター直列3気筒エンジンモデルと、96kW(130ps)と110kW(150ps)の1.5リッター直列4気筒エンジンの4種類だ。60kWモデルはMT車だけの設定で、その他も標準はMTとなる。7速DSGはマイルドハイブリッド「eTSI」と組み合わせる。

 ディーゼルエンジンは85kW(115ps)と110kW(150ps)の2リッターTDIエンジンを搭載する。このTDIエンジンは、新開発の排ガス処理技術「Twin Dosing」を用いることでNOxの排出量を従来モデルと比べて最大80%低減したという。

 ゴルフの発表に先駆けてディーゼルエンジン車のNOxを大幅に削減する技術「Twin Dosing」を発表したVWのその新技術は、SCR触媒を直列にふたつ配置し、それぞれの上流で尿素剤を添加するシステムだ。

 なお新型ゴルフには追って「GTI」「GTI TCR」「R」用の3種類の2リッターTSIエンジン搭載のスポーティバージョンと、天然ガスとガソリンを共用できる1.5リッターTGIエンジン搭載車を追加する予定。8世代目のゴルフ、日本導入の時期、その他は未定。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
VW Golf GTI史上最強の限定車「Golf GTI TCR」、日本国内600台限定発売
VW、9月25日最終ロットを乗せた船が到着、最後のThe Beetleが日本上陸
VW初の量産EV、 MEBで開発した最初のモデル、「ID.3」フランクフルトで発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフォルクスワーゲン(VW)ゴルフ(Golf/VW)プラグインハイブリッドディーゼル

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース