SpaceXの衛星ブロードバンド接続サービス、2020年半ばにサービスイン予定

2019年10月28日 17:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米SpaceXによると、2020年半ばに通信衛星を使ったブロードバンド接続サービス「Starlink」のサービスを提供する予定だという。また、同社COOのグウィン・ショットウェル氏は、初期のサービスを提供するためには、スターリンクに必要な人工衛星を6〜8回ほど打ち上げる必要があることも明かしている。

 SpaceX CEOのイーロン・マスクは米国時間10月22日午前、実際にスターリンクによる衛星インターネットを経由してTwitterへの投稿を行うことに成功している。別の報道によれば、SpaceXはすでに予定している1万2000機の人工衛星だけでなく、3万機の人工衛星の打ち上げを連邦通信委員会(FCC)に新たに申請していたことが分かっている(過去記事)。同社は小型衛星のネットワークをどの程度拡大する必要があるのかを検討中とされる(SpaceNewsTechCrunchSoraeSlashdot)。

 一方、こうした衛星ブロードバンドの人工衛星の打ち上げに関しては、天文観測への影響や衛星が地球低軌道の混雑リスクなども懸念されている(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | 宇宙 | IT

 関連ストーリー:
SpaceX、Starlink衛星30000基増設をITUに申請 2019年10月18日
SpaceX、実機サイズの新試験機「Starship Mk1」を公開 2019年10月01日
衛星インターネットがインターネット接続料金引き下げの圧力になる可能性 2019年08月29日
SpaceXのStarlink衛星の光害を示す天文写真が撮影される 2019年06月11日
SpaceXの人工衛星に対し「明るすぎる」との批判 2019年05月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSpaceXイーロン・マスク連邦通信委員会

関連記事

広告