Alphabet傘下のWing、米国でドローンによる宅配の試験運用を開始

2019年10月23日 17:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Googleの親会社である米Alphabet傘下のWingが、ドローンによる宅配便の試験運用を開始した。Wingはすでにオーストラリアやフィンランドで同様の試みを行なっているが、米国においてドローンによる一般顧客への宅配を行う試みはこれが初だという(AFPTechCrunchSlashdot)。

 配達可能エリアが配送センターから半径10km以内で、荷物の重さは1.3kgまで。配送先に到着したドローンはケーブルを使って荷物をおろすという。

 Wingは今年初めに米連邦航空局からドローンによる商用配送の試験運用を実施する許可を得ている。米国ではAmazon.comやUPS、Uber EATSなども同様の試みを計画しているそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ビジネス | IT

 関連ストーリー:
ZMPが開発する、歩道を走る配送ロボット「CarriRo」 2017年07月14日
米Amazon.com、米国内で初めてのドローン配送実験を行う 2017年03月28日
米セブンイレブン、ドローンを使った商品配送に成功 2016年07月27日
ドローンは人間の労働127億ドル分を置き換えることが可能という説 2016年05月18日
楽天がドローンによる配送を5月9日より開始へ 2016年04月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカGoogleUberドローンオーストラリアAmazonフィンランド

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース