渋谷パルコで大友克洋『AKIRA』の展覧会、コラージュアーティスト河村康輔のART WALLが復活

2019年10月22日 18:21

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 建て替えを経て2019年11月22日(金)に開業予定の渋谷パルコに、アートとカルチャーの情報発信の場となる「PARCO MUSEUM TOKYO」(4階)と「GALLERY X」(地下1階)がオープン。

そのオープニングを飾る展覧会「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」が、同日より両スペースを舞台に開催される。

■河村康輔の『AKIRA』コラージュ作品を再構築

 本展覧会では、渋谷パルコの建て替え工事の仮囲いに美術演出として出現したコラージュアーティスト・河村康輔による作品「ART WALL」を、巨大なコラージュ作品として再び展示。同作品は、河村が漫画家・映画監督の大友克洋と共に、大友の代表作である『AKIRA(アキラ)』を再構築したものだ。

■4階「PARCO MUSEUM TOKYO」で“ネオトーキョー”の世界に入り込む

 渋谷パルコ4階にオープンする「PARCO MUSEUM TOKYO」には、工事現場から再発掘し、時間の経過と共にダメージを受けた仮囲いを「ART WALL」を再度コラージュ作品として展示。

これに加えて、貴重な原画やポスターを展示するほか、作中に登場するオブジェをリアルに再現して設置。1988年公開のアニメ版『AKIRA』で音楽を手がけた 山城祥二率いる「芸能山城組」による音楽が鳴り響く中で、作品の舞台であるネオトーキョーに入り込んだかのような体験が出来るという。

■地下1階「GALLERY X」には巨大立体物を展示

 一方、渋谷スペイン坂からの移転となる地下1階「GALLERY X」では、巨大立体物を展示するインスタレーションを実施。グラフィックデザイン・ゾーン構成並びに空間演出は、国内外の様々な企業とタッグを組むグラフィックアーティストのYOSHIROTTEN率いる「YAR」が担当する。

■オリジナルグッズも販売

 また、展覧会オリジナルグッズの販売も決定。コラージュ作品をプリントしたTシャツやパーカーなど、展覧会の開催を記念した様々なアイテムが展開予定となっている。

■その後の展覧会スケジュール

 2019年12月:オートモアイ
2019年12月:飯尾和樹(ずん)
2020年1月:伊藤万理華
2020年2月~3月:たなかみさき
2020年3月~4月:WALNUT
2020年4月:JUN INAGAWA
2020年春:TOM OF FINLAND
※すべて予定。内容は変更する場合あり。

■開催概要

 「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」
開催日時:

■PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷パルコ 4階)

2019年11月22日(金)〜12月16日(月) 10:00〜21:00

■GALLERY X(渋谷パルコ地下1階)

2019年11月22日(金)〜12月8日(日) 11:00〜21:00
※両会場、最終日は18:00閉場。
※PARCO MUSEUM TOKYOの入場は各日閉場の30分前まで。
入場料:1,000円
※高校生以下 800円・未就学児無料。
※入場に関する詳細は追って公開予定。
主催:PARCO
空間演出・グラフィックデザイン:YAR

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード伊藤万理華

広告