ザ ファクトリー、2020年春夏ウィメンズコレクション発表

2019年10月22日 09:48

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ ファクトリー(THE FACTORY)は、2020年春夏コレクションを「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」5日目の2019年10月18日(金)にTENOHA代官山・&NEXTにて発表した。

■南仏プロヴァンスのラベンダー畑に流れる日常

 ラベンダー畑がどこまでも広がる、19世紀から20世紀にかけての南仏プロヴァンスへと思いを馳せる本コレクション。ランウェイに登場したのは、自然の中で暮らす日常の作業着をイメージソースに、モダンに再構築したウェアの数々だ。

■空気を含むような仕立て

 天然素材にこだわり、着心地の良いコットンやコットンリネンで仕立てたドレスやブラウス、ワイドパンツは、プロヴァンスの風を含んでいるかのように柔らかく軽やか。ギャザーやプリーツを多用し、優しくリラクシングな雰囲気に仕上げたピースが散見された。ふんわりとしたバルーンスリーブのドレスは、バックに細かいギャザーを寄せ、分量感のあるギャザードレスの背面にはリボンがたっぷりとあしらわれている。頭に被ったつばの広いハットが、眩しい陽の光を連想させる。

■ほのかにセンシュアルさを加えたウェアも

 体をすっぽりと覆うようなスモックドレスや、シャツをそのままロング丈に仕立てたようなワンピースなど、ワークウェアのイメージをストレートに反映したウェアが登場する一方で、後ろのみウエスト部分をセパレートさせ、わずかに肌を見せるようなノースリーブドレスや、深めのVネックブラウス、スリットを斜めに配したコットンドレスなど、繊細なセンシュアリティを添えたピースも展開された。

■細やかな色彩表現

 ラベンダーカラーをはじめとする、きめ細やかな染めの色味にも注目だ。キーカラーとなるラベンダーの色調は淡い色にはじまり、ショーが進んでいくにつれて、熟したようにスモーキーな色味へと変化していった。成熟したラベンダー色のドレスは、ウエストに曲線を描くように優雅なひねりを加え、しっとり落ち着いた表情に仕上げている。

 また、若草色のニットや、深みのあるカーキのセットアップ、温もりのある生成りのサスペンダーパンツ、光を通す真っ白なシャツワンピースなど、自然の風景に馴染む色彩は身体にもすっと溶け込んでいくようだ。陽光が混ざった空のようなブルーのギャザードレスは、快活な白のタンクトップに重ねて、清涼感あふれるムードを演出する。

■ヴィンテージライクなムード

 やけたような色合いのドットスカートや、表情豊かなシワ感のストライプスカート、キルティングを配したブルゾンとスカートのセットアップなど、どことなく漂うヴィンテージ感も魅力。エンベロープ型のポシェットや、ばさっと物を入れられそうな大きなバッグなどの小物からは、“生活”の気配や重ねていく“時”の存在が感じられるようだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2020年春夏コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース