東京為替:ドル・円は上げ渋り、ポンドに動意

2019年10月21日 16:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:12JST 東京為替:ドル・円は上げ渋り、ポンドに動意

 21日午後の東京市場でドル・円は上げ渋り、108円40銭台に失速。ポンドが安全通貨のドルや円、スイスフランに対して買われ、ドル・円が小幅に値を下げた。一方、米10年債利回りは1.75%台から1.77%台に上昇し、目先はドル買いを誘発する可能性があろう。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円29銭から108円55銭、ユーロ・円は120円79銭から121円15銭、ユーロ・ドルは1.1150ドルから1.1164ドルで推移した。《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日産・キックス(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ぺんてるが販売している「マークシートセット」(画像: ぺんてるの発表資料より)
  • 画像はイメージです。(c) 123rf
  • 車内で抗菌するイメージ。(画像: ジェックの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ディモルフォスをスキャンするHERAのイメージ (c) ESA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース