日経平均は続伸、祝日控え小高くもみ合い

2019年10月21日 15:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:52JST 日経平均は続伸、祝日控え小高くもみ合い
日経平均は続伸。18日の米国市場でNYダウは反落し、255ドル安となった。ただ、航空機のボーイングと医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソンが大幅安となったことが主因。日経平均は企業業績の改善期待を背景とした買いが続き、本日も48円高からスタート。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感などから上値はやや重く、祝日を前に積極的な売買も手控えられたが、後場に入ると22581.28円(前週末比88.60円高)まで上昇する場面があった。日中の上下の値幅は65円あまりだった。

大引けの日経平均は前週末比56.22円高の22548.90円となった。終値としては連日で年初来高値を更新した。東証1部の売買高は8億9168万株、売買代金は1兆5304億円だった。業種別では、証券、鉄鋼、建設業が上昇率上位だった。一方、海運業、医薬品、空運業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の66%、対して値下がり銘柄は29%となった。

個別では、三菱UFJ<8306>やリクルートHD<6098>が堅調で、SUMCO<3436>、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>は小じっかり。三菱UFJなどの金融株は金利上昇が買い材料視されたようだ。業績修正を発表した高砂熱<1969>や福井コンピ<9790>は買いが先行し、ジューテック<3157>はストップ高。自律反発期待の買いが入ったUMCエレ<6615>や全固体電池関連のカワタ<6292>もストップ高水準で取引を終え、キャリアインデ<6538>は連日のストップ高となった。一方、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>などは小安い。太陽誘電<6976>が2%超下落するなど電子部品株は軟調だった。ゴルドウイン<8111>やハブ<3030>はラグビーワールドカップ準々決勝の結果を受けて売りがかさみ、新株予約権発行による資金調達を発表したスノーピーク<7816>が東証1部下落率トップとなった。《HK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース