ドコモ・auの新スマホ、「ワンセグ離れ」が進む

2019年10月16日 09:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先週、NTTドコモKDDIが携帯電話・スマートフォンの新モデルを発表したが、シニア向け端末以外でワンセグチューナーを搭載するのは「Xperia 5」のみだそうだ(Engadget日本版)。

 iPhoneやPixelシリーズは当初からワンセグに対応していないが、昨今ではシャープのAQUOSシリーズでも非対応のものが増えており(Engadget日本版の過去記事)、SamsungのGalaxyシリーズも今回はワンセグ非搭載となった。理由としては「ネットでの映像配信が増えているため」だという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | テレビ | 携帯電話 | IT

 関連ストーリー:
ワンセグ受信機能付き携帯電話のみの所有でNHK受信契約義務が生ずるとの判決、最高裁で確定 2019年03月16日
東京高裁、ワンセグチューナー付き携帯電話所有者にはNHK受信契約の義務があるとの判決 2018年06月27日
官庁はワンセグ対応携帯電話のNHK受信料を適切に支払っているのか 2018年04月02日
東京高裁、ワンセグ対応携帯の所持は受信設備の設置に相当すると判断 2018年03月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTドコモSamsungXperiaGalaxyiPhoneKDDIシニア向けワンセグシャープPixel

広告