大阪・梅田地下街に西日本最大級のコワーキングスペース開業へ

2019年10月11日 19:04

小

中

大

印刷

地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)

地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 地下階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)

 大阪地下街は10日、新規事業として駅チカ・コワーキングスペースを展開すると発表した。地下鉄東梅田駅徒歩1分、ホワイティうめだ直結の立地に、西日本最大級となる約970平方メートルのコワーキングスペース「ONthe UMEDA(オンザ ウメダ)」を、2019年12月9日に開業する。

【こちらも】シェアオフィスの増加は時代の変化を映し出している

 立地は各線の梅田駅から2~5分、JR東西線北新地駅から4分、JR大阪駅から6分になるメッセージ梅田ビルの、地上階と地下階の2フロア。合計が約970平方メートルで、席数は257席の予定となっている。

 料金体系は、コワーキングスペースとしては珍しい、従量制プランによる10分単位での課金となっている。会議室のレンタルもあり、こちらは15分単位の課金。短時間の休憩・打ち合わせなどのニーズに備え、会員価格の場合は10分100円となっている(月額会費は3,000円、いずれも消費税込)。

 そのほかにも、長時間利用者やドロップインの一時利用などに合わせたプランも用意する。

 地上階は、明るく居心地のいい上質なカフェのような空間をコンセプトに設計されている。テーブル、会議室、TELBOX、それにギャラリーなどを備え、地上階全体を利用した大規模な交流会などでの使用も可能。

 地下階はオーセンティックで落ち着いた空港ラウンジのような空間を目指した。大テーブル、ブース席、個室、仮眠室など、1人で集中して過ごすことが出来る設備を揃えている。また、荷物預かりサービスも実施する。

 公募で選ばれたブランド名称の「Onthe」は、禅の用語である「帰家穏坐(きかおんざ)」に由来する。自分の本来あるべき姿を見つけるための場所、という意味である。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース