(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、米中協議への期待が支援材料

2019年10月10日 10:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:58JST (中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、米中協議への期待が支援材料
10日の上海総合指数は売り先行。前日比0.04%安の2923.71ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時51分現在、0.16%高の2929.54ptで推移している。米中通商協議への期待が高まっていることが支援材料。一方、結果を見極めたいとのムードが高まり、積極的な買いは手控えられている。《AN》

広告