株価大幅上昇のワークマンに順張りのコール買いが目立つ(10日10:00時点のeワラント取引動向)

2019年10月10日 10:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:48JST 株価大幅上昇のワークマンに順張りのコール買いが目立つ(10日10:00時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つワークマン<7564>コール6回 12月 6,000円を順張り、ワークマンコール12回 2月 8,500円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つカカクコム<2371>プット54回 12月 2,100円を順張り、カカクコムコール77回 2月 3,000円を逆張り、リソー教育<4714>コール10回 12月 550円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては日経平均 マイナス3倍トラッカー34回 2月 23,000円、リソー教育<4714>コール10回 12月 550円、ディー・エヌ・エー<2432>コール108回 1月 2,300円、川崎汽船<9107>コール91回 1月 1,700円、ソフトバンクグループ<9984>コール493回 11月 5,500円などが見られる。

上昇率上位はカカクコムプット54回 12月 2,100円(+83.1%)、カカクコムプット55回 1月 2,200円(+62.9%)、パナソニック<6752>プット184回 11月 800円(+62.0%)、韓国200種株価指数プット246回 11月 240ウォン(+55.6%)、パナソニックプット185回 11月 850円(+48.4%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)《HH》

広告