米中西部に降雪予報でシカゴコーンが急騰 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2019年10月10日 10:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:49JST 米中西部に降雪予報でシカゴコーンが急騰 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。今日は8日に急伸、9日も値を伸ばしているトウモロコシ市場についてのレポートをご紹介します。

レポートではこの値動きについて、『昨夜のシカゴ穀物市場では、降雪予報を受けてシカゴコーンとシカゴ大豆、シカゴ小麦がそろって上昇しました』と分析しています。米中西部に降雪予報が出た模様です。

気象学者によると米国穀倉地帯の最も北側である『サウスダコタやノースダコタ、ミネソタの各州に最大1フィート(約30cm)の降雪の可能性があり、収穫遅れに拍車をかける恐れがある』とのことで、『ACCUウエザーによるノースダコタの天気予報では、10月10~12日の最低気温がマイナス1~2℃まで低下して降雪が予想されております』、『次の降雪予報は11月18日となっております』と伝えています。

また、サウスダコタやノースダコタ、ミネソタにおけるトウモロコシの収穫終了時期は、『例年通りであれば11月中ごろとなります』とのことで、『実際に30センチほどの降雪があれば、サウスダコタやノースダコタ、ミネソタでの穀物生産高が減少する事になります』と考察しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の10月9日付の「トウモロコシ市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

三井智映子の「気になるレポート」は各種レポートを三井智映子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子《HH》

広告