Adobe、米大統領令に従いベネズエラでの製品やサービスの提供中止

2019年10月9日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米トランプ政権はベネズエラに対し経済制裁を行っている(時事通信の8月6日付け記事)。制裁内容は同国との取引を幅広く禁じるものになっているが、これを受けてAdobeがベネズエラ内のユーザーへのサービス提供を凍結することを決定したという(The VergeAdobeのサポート文書)。

 これにより、ベネズエラ内のAdobeユーザーはすべての同社製品およびサービスが利用できなくなる。Adobeアカウントについても10月29日以降凍結され、アカウントに紐付いたオンラインストレージに保存されたコンテンツへのアクセスもできなくなる。また、これによる返金などは行われない。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | クラウド | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米トランプ大統領、ベネズエラ政府が発行する仮想通貨の取引を禁止する大統領令を出す 2018年03月27日
ベネズエラの通貨暴落の影響で、一時Windows 10が3.5ドルで購入できる状態に 2016年12月26日
GitHub、米国の経済制裁対象国ユーザーによる非公開リポジトリの利用を突如ブロック 2019年07月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAdobe

広告

財経アクセスランキング