川谷絵音がVoを務めるindigo la Endの新アルバム「濡れゆく私小説」全11曲収録

2019年10月8日 17:21

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 川谷絵音がボーカルを務めるロックバンド・indigo la End(インディゴ ラ エンド)の新アルバム「濡れゆく私小説」が、2019年10月9日(水)にリリースされる。

 indigo la Endは、2010年に川谷絵音を中心に結成したロックバンド。ボーカルとギターの川谷、ギター・長田カーティス、ベース・後鳥亮介、ドラム・佐藤栄太郎の4人のメンバーで構成し、歌とギターのツインメロディ、それを支えるリズム隊が絶妙なバランスで重なり合うサウンドが楽曲の特徴だ。

 メジャー5枚目のフルアルバムとなる「濡れゆく私小説」は、全11曲を収録。先行配信されている「結び様」「ほころびごっこ」「小粋なバイバイ」「はにかんでしまった夏」をはじめ、バラードから重厚なロックサウンドまで様々なテイストの楽曲が揃っている。

 なお、上記先行配信曲に加え、10月5日(土)には収録曲「通り恋」のミュージックビデオが公開。アルバムの世界観を一足先に体感してみて。

【詳細】
indigo la End メジャー5thフルアルバム「濡れゆく私小説」
発売日:2019年10月9日(水)
価格:通常盤 3,000円+税、初回限定盤 4,000円+税
※初回限定盤は全国ワンマンツアー「街路樹にて」東京追加単独公演「abuku」日比谷野外大音楽堂ライブ映像収録DVDが付属。

<収録曲>
1、花傘
2、心の実
3、はにかんでしまった夏
4、小粋なバイバイ
5、通り恋
6、ほころびごっこ
7、ラッパーの涙
8、砂に紛れて
9、秋雨の降り方がいじらしい
10、Midnight indigo love story
11、結び様

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告