日立、AI活用し特定人物を高速に発見し追跡するソリューション提供

2019年10月6日 17:10

小

中

大

印刷

今回発売する「高速人物発見・追跡ソリューション」の概要。(画像: 日立製作所の発表資料より)

今回発売する「高速人物発見・追跡ソリューション」の概要。(画像: 日立製作所の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日立製作所と日立産業制御ソリューションズは4日、日立産業制御が製品化した「高速人物発見・追跡ソリューション」を、7日に発売すると発表した。

【こちらも】日立、AIでブランド侵害を検知 SNSからアプリ、イントラまでモニタリング

 このソリューションは、日立が開発したAI画像解析技術を活用して、防犯カメラに映し出された画像から、対象となる人物の特徴を素早く判断して発見し、追跡するもの。警察などで行われる監視や記録映像の確認といった、これまで目視に頼っていた業務の負担軽減と効率化が期待できる。

 近年、全世界において防犯カメラを用いた監視や警備が拡大している。特に日本においてはテロなどの事件や事故などの対策として、駅や空港、商業施設、公共施設、オフィスビルなどで多くの防犯カメラが設置され、セキュリティシステムが構築されてきた。

 その一方で、防犯カメラの確認などは目視に頼らざるを得ない状況が続いており、監視や警備業務の負担増加に加え、人手不足も課題となっている。このため、防犯カメラの確認作業をはじめとした監視・警備業務の効率化と、高度化が求められてきた。

 日立と日立産業制御が提供する「高速人物発見・追跡ソリューション」は、日立産業制御のソリューションである「フィジカルセキュリティ統合プラットフォーム」上に、高速で対象人物を検索して追跡する機能を実装して製品化した。また、「エリア侵入検知」や「荷物置き去り検知」など、他の検知機能を組み合わせることで、より高度なソリューションとして提供できる。

 このソリューションでは、顔、身体、服装など、100以上の項目からその特徴を認識して特定人物を検索、防犯カメラの位置情報を活用して、移動経路の情報を表示する。万が一防犯カメラの画像から顔を認識できないとしても、他の項目からも人物の特定と追跡が可能なため、事件や事故の見逃しを防ぐことが可能となる。

 また、セキュリティ分野に限らず、工場や倉庫などの作業者の行動分析や、商業施設などの訪問者の行動分析など、幅広い分野での活用も期待できるという。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

関連キーワード日立製作所

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース