国際 RSS

 

ロシアで未完成の原発が競売に 開始価格は約1.4億円

2019年10月4日 18:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ロシア・Nizhnyにある未完成の原子力エネルギー施設が売りに出されるという。支払いさえ可能であれば誰でも購入できるようで、競売の開始価格は8520万ルーブル(約1.4億円)だそうだ(Russia BeyondSputnik)。

 この施設はGorky nuclear heating plantと呼ばれており、1982年に建造が開始され、1980年代の終わりには85%まで完成したものの、その後建設計画が中止され、そのまま放置されているという(Russia Travel Blog)。Russia Travel Blogでは内部の写真も紹介されているが、さすがに30年近く放置されているためか廃墟と化している。

 売却の対象は土地および建物、煙突など。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力 | 原子力

 関連ストーリー:
ロシアの水上浮揚型原発、目的地までの航海を開始 2019年08月28日
ロシア、「BN-800型」高速増殖炉の商用発電を開始 2015年12月14日
米国で原子炉の定年を「80年」に延長させようとする動き 2012年07月27日
ロシア、原子炉の耐用年数延長を検討 2011年12月14日
ロシアの船舶型原子力発電所、運転開始前に差し押さえられる 2011年08月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシア原子力発電所

広告