上野動物園のモノレール、10月末日で終了

2019年10月2日 20:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京都・上野動物園内を走る日本初のモノレール路線東京都交通局上野懸垂線が、来月で運行を終了する(産経新聞タビリス)。

 このモノレールでは「片腕懸垂式」を採用しているが、車両の経年劣化が進んでいること、同方式を採用するモノレールは国内にほかになく、車両の更新や部品交換などが難しくなったことから廃止が決まったという。なお、このモノレールは上野動物園のアトラクションとして人気で、2017年度の経常損益は2400万円の黒字だったそうだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ニュース | 娯楽 | 交通

 関連ストーリー:
上野動物園モノレール運行休止、今後は検討 2019年01月27日
パナマ市、都市鉄道に日本式モノレールを採用へ 2016年01月20日
大阪モノレール、11月に「ハイボール列車」を運行 2013年10月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京都

広告

財経アクセスランキング