Microsoft、Windows 10 バージョン1903は幅広い提供の準備が整った

2019年10月1日 19:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Microsoftは9月26日、Windows 10バージョン1903(May 2019 Update)をWindows Updateで幅広いデバイスに提供する準備が整ったことを発表した(既知の問題とお知らせComputerworldSoftpediaNeowin)。

 これにより、既にサービスが終了した古いバージョンのWindows 10だけでなく、11月12日にサービス終了を迎えるWindows 10バージョン1803(April 2018 Update)Home/Pro/Pro for Workstationを実行するデバイスについても幅広く更新を開始するとのこと。該当デバイスでWindows 10バージョン1903が提供されない場合、既知の問題を確認するよう求めている。また、古いバージョンのWindows 10を実行している企業に対しては、Windows 10バージョン1903の幅広い展開を組織内で開始することを推奨している。

 なお、AdDuplexのWindows 10バージョン別シェアデータ9月分によると、Windows 10バージョン1903は既に45.5%を占めており、バージョン1809が25.5%。幅広い更新の対象となるバージョン1803は24.1%、これよりも古いバージョンは合計4.6%となっている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | Windows | IT

 関連ストーリー:
Microsoft曰く、Windows 10を実行するデバイスは9億台以上 2019年09月28日
Windows 10 バージョン1903で9月の月例更新適用後に発生していたスタートメニューと検索の問題、修正されないまま解決済みとマーク 2019年09月27日
Windows 10の一部でスクリーンショットがオレンジ色に染まる問題、Lenovoが修正手順を公表 2019年09月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Windows Update

関連記事

広告

財経アクセスランキング