総務省、携帯電話の「動画見放題」プランに年齢制限などを要求

2019年9月26日 18:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨今ではYouTubeやAbema TV、huluといった特定サービスについては、データ使用量のカウント対象外とする料金プランが複数の携帯電話事業者から提供されている。こういった「動画見放題」プランに対し、総務省が年齢制限の設定やデータ使用料の表示を求める方針を固めたという(読売新聞)。

 以前も動画見放題付プランについては規制するという報道があったが(2月の朝日新聞記事ケータイWatch)、今回問題とされているのは「未成年者が動画を長時間見るようになるなどの悪影響」や、「大量のデータ通信を使うことのできる割高な通信契約を結ばされるおそれ」だという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | ビジネス | 携帯電話 | IT

 関連ストーリー:
Amazon.co.jp、子供向けのKindleを発売。子供向け書籍や動画見放題で1万4980円 2019年03月11日
総務省、携帯料金プランの「カウントフリー」について規制を議論 2019年02月19日
ソフトバンク、特定サービスで使用したデータ通信量を使用量カウントから除外する料金プランを発表 2018年08月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省YouTube

広告