Microsoft、電子投票のWindows 7には2020年末までセキュリティ更新を無償提供

2019年9月22日 21:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoftは20日、選挙の電子投票システムに使われているWindows 7に対し、2020年いっぱいセキュリティ更新プログラムを無償提供することを発表した(Microsoft On the Issuesの記事Windows Centralの記事)。

Microsoftによれば、Windows 7を使用する投票システムは少数だが、無視できない数が残されているという。しかし、投票システムの認証には時間がかかるため、今から更新したのでは2020年の選挙に間に合わないため、Defending Democracy Programの一環として更新プログラム無償提供を決めたとのこと。更新プログラムが無償提供されるのは国による認証済みのWindows 7ベースの電子投票機で、米国だけでなくEIU Democracy Indexで民主国家と定義されている国も対象になるとのこと。また、MicrosoftではWindows 7ベースの電子投票機へ確実に更新プログラムが提供されるよう、大手電子投票機メーカーとも協力しているそうだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 政治 | Windows | IT

 関連ストーリー:
0patch、Windows 7/Server 2008のサポート終了後もサードパーティーパッチを提供する計画 2019年09月22日
Windows 10のシェア、NetApplications調べで50%を超える 2019年09月05日
Microsoft、Windows 10 E5などの利用者にWindows 7サポート終了後のセキュリティ更新1年目を無料提供 2019年08月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 7選挙

広告