国際 RSS

 

パリ地下鉄の無人運転列車、停車するはずの駅を通過するトラブル

2019年9月21日 13:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 フランス・パリで9月17日、無人運転を行なっていた列車が本来停止するはずの駅に停止せずに通り過ぎるというトラブルが発生したそうだ(AFP)。この列車は強制的に停止させられたとのことで、原因は機材的なものだという。

 パリでは「14号線」で1998年から、「1号線」で2011年から無人運転が行われている(現代ビジネス)。

 なお、9月13日には地下鉄など公共交通機関の職員らが大規模なストライキを行なった(AFP)。今回トラブルが発生した路線はストライキ中も自動運転で運行されていたという。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
横浜シーサイドラインが無人運転を再開 2019年09月08日
JR東、山手線の自動運転に向けた試験を深夜に実施へ 2018年12月06日
JR東日本、常磐線緩行線で無線による列車制御システムの導入を検討 2012年07月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転フランスパリ

広告

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース