(中国)上海総合指数は0.18%高でスタート、LPR1年物金利の引き下げを好感

2019年9月20日 11:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:04JST (中国)上海総合指数は0.18%高でスタート、LPR1年物金利の引き下げを好感
20日の上海総合指数は買い先行。前日比0.18%高の3004.81ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時47分現在、0.22%高の3005.95ptで推移している。本日日本時間10時30分に発表された指標金利「ローンプライムレート(LPR)」の1年物は前月の4.25%から4.20%に引き下げられたことが好感されている。一方、指数の上値は重い。米中通商協議の進展を見極めたとのムードが強まっている。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース