自動運転のLiDARセンサに特定パターンのレーザー光照射で誤動作させる攻撃手法

2019年9月19日 17:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ミシガン大学の研究チームが、自動運転車のセンサーを騙すことで動作を混乱させるという手法を考案したという(CNET Japanミシガン大学の発表)。

 記述の内容は、(一次)レーダーに対するジャミングにおける欺瞞手法を、LiDARに応用するようなもので、当然可能と思われる。(一次)レーダーでは、周波数ホッピングや直接スペクトラム拡散が対抗手段としてあるが、LiDARでそれを可能にするのは自由電子レーザーなどになり、当面量産自動車に載るような代物ではない。

 この攻撃手法は、光を使った測距センサーであるLiDARの受光部に対し特定のパターンのレーザー光を照射するというもの。これによって、実在しない障害物をあたかも存在するかのように認識させることができるという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | テクノロジー | セキュリティ | 交通

 関連ストーリー:
自動運転車を自動洗車機で洗車してはいけない 2018年03月02日
自動運転技術開発企業ランキングが発表される。トップはフォード 2017年05月15日
自動車向けのレーザーセンシング装置が原因でデジカメのセンサーが損傷したという報告 2019年01月17日
カメラやセンサーを騙すことでTeslaのAutopilotを混乱させる攻撃 2019年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転

広告