鉄塔や電柱の安全基準を厳しくすること検討へ 台風15号の被害受け

2019年9月18日 08:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日関東を襲った台風15号の影響で関東各所で停電が発生した。特に千葉県では電柱や鉄塔が倒れ停電が長期間にわたって続いているが、これを受けて鉄塔や電柱の安全基準を厳しくすることが検討されるという(NHK時事通信ITmedia)。

 電気設備に関する技術基準を定める省令では、送電線の鉄塔に対し風速40mに耐えられるようにすることを求めている。しかし、今回の台風ではそれを超える風速が観測されており、その結果鉄塔の倒壊が発生したと見られている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | 電力 | 政府

 関連ストーリー:
千葉県の日本最大の水上メガソーラー、台風の強風によって火災が発生 2019年09月10日
台風15号、首都圏各地で被害 2019年09月09日
政府、電柱の撤去推進のため重要道路において猶予期間後電柱の利用許可を更新しない方針へ 2019年05月28日
石川テレビと北陸放送、長時間の放送中断。鉄塔への落雷でアンテナを繋ぐケーブルが損傷 2018年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード千葉県台風