仏発酵バター・エシレの専門店「エシレ・パティスリー オ ブール」渋谷スクランブルスクエアに出店

2019年9月13日 09:24

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 仏発酵バター・エシレを使った焼菓子を楽しめる専門店「エシレ・パティスリー オ ブール」が、2019年11月1日(金)、渋谷スクランブルスクエア内にオープン。同店は渋谷エリア初の店舗となる。

 優れた乳製品の産地として知られるフランス中西部、エシレ村で生産されるエシレ バターは、クリーミーな口当たりと芳醇な香りが特長の発酵バター。クリームを乳酸発酵させてから作るので、その味わいにはヨーグルトのような軽い酸味があり、濃厚ながらも爽やかな余韻を残す。

 「エシレ・パティスリー オ ブール」では、そんなエシレ バターを使った人気の焼き菓子を揃える。厳選素材を用いて丁寧に仕上げた「フィナンシェ・エシレ」や「マドレーヌ・エシレ」、「サブレ サンド」、「エシレ・フィユタージュ」、オリジナル缶の「サブレ グラッセ」、さらに渋谷スクランブルスクエア限定の焼きたて商品も展開する。

 また同店は、キッチンスペース併設の店舗なので、これら人気の焼き菓子を出来立てで味わえるものがあるのも魅力だ。

 なお、現在伊勢丹新宿店で店舗を構えているほか、丸の内に「エシレ・メゾン デュ ブール」、阪急うめだ本店に関西唯一の店舗「エシレ・マルシェ オ ブール」もオープンしており、いずれも人気店として知られている。

【詳細】
「エシレ・パティスリー オ ブール」東急フードショー エッジ店
オープン日:2019年11月1日(金)
住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン1階
営業時間:10:00~21:00

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース