恐竜絶滅、隕石落下とそれに伴う硫黄の放出が原因か

2019年9月12日 18:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 地球への隕石の衝突によって恐竜が絶滅したという説があるが、この説を補強する新たな論文が発表された(GIGAZINEWSJThe IndependentSlashdot)。

 メキシコ・ユカタン半島にあるチクシュルーブ・クレーターがこの隕石の衝突場所とされているが、テキサス大学オースティン校の地質学者ショーン・グリック教授らの研究チームが、ここから新たな岩石サンプルを採取し、その分析結果を発表した。

 採取された岩石サンプルには炭素や衝突の衝撃によって発生した津波によって集まったと見られるさまざまな岩石が含まれていた。また、衝突地点周辺には硫黄を含む岩石が多量に存在したが、岩石サンプルからは硫黄はほぼ見つからなかったという。このことから、衝突地点付近の地質に存在していた硫黄が衝突によって大気に放出され、これによって気候変動などが発生して恐竜を絶滅させたのではないか、とグリック教授らは推測している。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
木星に巨大な何かが衝突する様子が撮影される 2019年08月16日
恐竜の絶滅と同時期にほ乳類も93%が死滅していた、という説 2016年07月05日
恐竜の絶滅は、隕石の衝突による酸性雨などが原因だった説 2014年03月10日
隕石が落ちなければ、地球は恐竜宇宙人に支配されていたかもしれない 2012年04月20日
恐竜の絶滅の原因は海面水位の変化が原因? 2008年07月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード恐竜

広告