犯罪に使われるソフトウェアを作成したプログラマが罰則を受ける可能性

2019年9月12日 12:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国では、金融市場を操作するソフトウェアを開発したプログラマーが法的に罰せられる可能性についての懸念が広がっているという(WIRED)。

 昨年、株式市場の操作を狙ったソフトウェアやアルゴリズムを開発したプログラマーを米司法省が訴えたそうだ。この訴えはプログラマに市場を騙して利益を得ようとする意思が無かったとして棄却されたが、別の案件として米証券取引委員会が未登録の仮想通貨取引プラットフォームとされるものを開発したプログラマに対し38万ドル以上の罰金を科したという事例もあるという。

 こういった状況を踏まえ、悪意がある、もしくは違法行為に使われることを知りながらそういった用途に使われるソフトウェアを開発したプログラマには罰則が与えられる可能性があると記事では警告されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | ソフトウェア | プログラミング | IT

 関連ストーリー:
「パズドラ」のチートツール開発者ら、組織犯罪処罰法違反で逮捕へ 2016年11月11日
「電子書籍をコピーできる」というソフトを販売していた会社社長やプログラマーらが逮捕される 2014年02月20日
悪質スパマー相手にキレてしまって逮捕 2003年11月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード仮想通貨

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース