旭化成が戻り高値を連日更新、住宅事業のブランドイメージ向上などに期待強まる

2019年9月12日 09:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「ホームズ」で使う電力を100%自然エネでまかなう計画

 旭化成<3407>(東1)は9月12日、一段と出直りを強め、取引開始後に1096.5円(34.5円高)まで上げ、戻り高値を連日更新している。10日付で、住宅事業の子会社・旭化成ホームズが、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標とする企業の国際的な連合体「RE100」(RenewableEnergy100%)に加盟したと発表。「へーベルハウス」などのブランドイメージ向上効果などが注目されている。

 発表によると、旭化成ホームズは、戸建住宅や賃貸住宅への太陽光発電設備の設置を積極的に推進してきただけでなく、災害時における電力のレジリエンス強化を目指した蓄電池の併用設置などを促進。これまでに搭載した太陽光発電設備の総量は約360MW以上、その年間発電量は約360GWhに達した。一方、同社が2018年度に事業活動で消費した電力は約33GWh。今後は、独自の電力供給サービス「ヘーベル電気」によって、太陽光発電設備の余剰電力を買取り、同社の事務所や工場、展示場の電力として活用するとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
加賀電子は下値固め完了、20年3月期減益予想だが1Q大幅増益(2019/08/20)
三洋貿易は調整一巡、19年9月期2桁増益・大幅増配予想で3Q累計順調(2019/08/19)
【特集】秋相場のテーマ株に浮上するかもしれない注目銘柄とは!?(2019/09/02)
【特集】福岡証券取引所で全国区人気株に大変身する銘柄はこれだ!(2019/08/26)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース