横断歩道、交差点に対し斜めに設置で事故件数減少

2019年9月10日 13:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 横断歩道を交差点に対し斜めに設置することで、事故防止の効果があることが確認されている(乗りものニュース)。

 この「鋭角横断歩道」は愛知県警が設置を進めているもので、横断歩道部分が「約12度」傾いているのが特徴。これによって右折する自動車のドライバーが横断歩道を渡る歩行者を識別しやすくなり、その結果事故が減るという。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
バイクと衝突した赤信号無視の歩行者、書類送検される。歩行者が検挙されるのは異例 2019年03月19日
警視庁、都内約1万か所の自転車横断帯を撤去へ 2012年05月22日
日本損保協会、都道府県別・危ない交差点ワースト5を発表 2018年09月27日
信号機の各色の時間はあるアルゴリズムで決定され状況によって変わる 2018年06月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード愛知県