gumi、ヤマトHD、ポールHDなど/本日の注目個別銘柄

2019年9月9日 16:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


<9678> カナモト 2529 -122大幅反落。先週末に発表した第3四半期決算がマイナス視される形になっている。累計営業利益は132億円で前年同期比1.4%減益となった。上半期までの増益推移から一転減益となる。5-7月期では19%減益となる形に。現行の施策展開に伴うコスト増などが収益悪化要因となったもよう。5-7月期は最も閑散期ではあるものの、通期業績の下振れ懸念にはつながる状況のようだ。

<3903> gumi 724 +100ストップ高。先週末に第1四半期の決算を発表、営業損益は1.3億円の黒字となり、前年同期比3.8億円の損益改善となった。従来予想は収支均衡水準であった。一部タイトルの下振れで売上は想定未達だったが、外注費の減少や広告宣伝費の減少で、営業利益は上振れる結果となっている。また、上半期の業績予想を新たに公表、営業利益は2.3億円を予想しており、順調な黒字化基調の定着をポジティブ視する動きが優勢。

<3657> ポールHD 1016 -187急落。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は16.1億円で前年同期比9.3%増益となった。従来予想の12.8億円を上回る着地となっている。ただ、第1四半期は同39.3%の大幅増益であり、5-7月期は減益に転じる形になっている。会社側通期計画31.8億円、前期比0.5%増益に対しては順調な推移となっているが、上振れ期待は後退する格好に。デバッグ・検証事業のセグメント利益が減益に転じている。

<3854> アイル 2035 +277急騰。先週末に19年7月期決算を発表、営業利益は9.5億円で前期比80.8%増となった。従来予想の9.2億円をやや上回る着地に。主力のシステムソリューション事業の売上が大きく伸びたことが好業績の主因。20年7月期も12億円で同26.2%増と大幅増益継続を見込んでいる。3か年の中期計画も発表、22年7月期営業利益は20億円の水準を見込んでいる。あらためて高い収益成長期待へとつながっているようだ。

<4996> クミアイ化 920 +3反発。一時は年初来高値を更新。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は62.5億円で前年同期比23.8%増益となった。上半期の同17.0%増から増益率は拡大する格好に。通期業績の上振れ期待は一段と高まる状況に。また、立会外取引によって300万株を上限とする自社株買いの実施を、米コルテバ社との間で、ベンスルフロンメチル事業の買収契約をそれぞれ発表した。

<3116> トヨタ紡織 1443 -19反落。欧州子会社において、悪意ある第三者による虚偽の指示に基づき資金を流出させる事態が発生したと発表している。被害額は最大で約40億円となるもよう。詳細の公表は控えられているが、同社では、捜査に全面的に協力するとともに、流出した資金の保全・回収手続きに全力を尽くすとしている。一時的な最終損益の下振れを織り込む動きになっている。

<2695> くら寿司 4335 +150反発。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は38.5億円で前年同期比25.9%減となったが、5-7月期は15億円で同4.8%の増となった。四半期ベースでは4四半期振りの営業増益へ転じており、安心材料へとつながった。国内のほか、米国において、既存店客数や客単価が増加・上昇し、経費率なども軽減と順調だったもよう。通期計画下振れ懸念までは拭えないが、最悪期は脱したとの見方が強まっている。

<2353> 日駐 175 +5買い先行。先週末に19年7月期の決算を発表、営業利益は41.6億円で前期比17.7%増益となった。従来計画水準での着地となっているが、20年7月期は45億円で同8.2%増と連続増益見通しで、増配計画も発表していることからポジティブに評価する動きが優勢に。また、発行済み株式数の0.90%に当たる300万株、5億円を上限とする自社株買いの実施も発表、取得期間は9月9日から9月30日までとしている。

<9064> ヤマトHD 1869.5 +54.5大幅反発。ゴールドマン・サックス証券では物流業界5社のカバレッジを開始、同社の投資判断は日通<9062>や近鉄エクス<9375>と同様に「買い」とした。目標株価は2350円に設定。宅配需要の漸増が想定されるなか、今後はセールスドライバーによる法人顧客の開拓などを通じ収益性の改善を予想する。下落した足元の株価には割安感が強く、四半期/通期での増益期待が高まれば株価は上昇すると分析する。《US》

広告