USBの新規格「USB4」の仕様が公開

2019年9月6日 09:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 USB Implementers Forum(USB-IF)がUSBの新規格「USB4」の仕様を公開した(USB-IFのアナウンスPDFCNET JapanPC WatchITmedia)。

 USB Type-Cケーブルで2レーンを使用することで、対応ケーブルで最大40Gbpsの通信が可能になった。また、ディスプレイ接続インターフェイスとしての使用時にデータ通信で利用できる帯域幅を管理する機能も向上しているという。

 なお、今までのUSB規格は「USB 3.2」のように「USB」とバージョン番号の間に空白が入っていたが、USB4ではこの空白がなくなっている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | 入力デバイス | ハードウェア

 関連ストーリー:
混沌が続くUSB Type-C 2018年06月13日
「USB 3.1 Gen1とUSB 3.0は同じ」ということを知っているのは50% 2019年03月04日
Raspberry Pi財団、Raspberry Pi 4の給電問題をケーブルのせいにする 2019年08月16日
一部のUSB Type-CケーブルでRaspberry Pi 4に給電できない理由 2019年07月13日
USB Type-C認証プログラムが発足 2019年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUSB Type-C

広告