メルセデスAMG待望のエントリーモデル「A35 4MATIC」が登場!

2019年9月5日 19:29

小

中

大

印刷

新型メルセデスAMG A35 4MATIC(画像:Mercedes Benz Japan発表資料より)

新型メルセデスAMG A35 4MATIC(画像:Mercedes Benz Japan発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 新型メルセデスAMG A35 4MATIC搭載エンジン(画像:Daimler AG発表資料より)
  • 新型メルセデスAMG A35 4MATIC4WDシステム(画像:Daimler AG発表資料より)
  • AMGスピードシフト7速DTC(画像:Mercedes Benz Japan発表資料より)
  • 新型メルセデスAMG A35 4MATIC(画像:Daimler AG発表資料より)

 新型Aクラスに 新ジャンルとなる次世代コンパクトカー、メルセデスAMG A35 4MATICが登場し、10月以降から配車が予定されている。AMGレーシングテクノロジーを注ぎ込んだホットなモデルでありながら、Aクラスの快適性と安全性をそのままに、普段使いにも使用できることが魅力となる。

【こちらも】メルセデス・ベンツ「Aクラス」、クリーンディーゼル搭載の「A200d」追加

 今回のA35には、新開発の2リッター直噴4気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力306PS/5,800rpm、最大トルク400N・m/3,000~4,000rpmを発揮し、0~100km/hを4.7秒で駆け抜ける。

 トランスミッションは、7速のAMGスピードシフトDTCが素早いシフトチェンジを可能とし、シフトダウン時のブリッピング機能も備わり、ダイナミックなドライビングを味わうことができる。

 駆動システムは、加速もコーナリングも思いのままとなる、新しいAMG 4MATICを装備。トルク配分を100:0から50:50に走行条件とドライバーの意思に応じて変化させることができる。これにより、306PSのパワーを余すことなく路面に伝えることが可能となる。

 このほか、全国限定600台でメルセデスAMG A35 4MATICに特別装備を施したEdition1が同時に発売されている。

 Edition1のエクステリアには専用のフロントバンパーが与えられ、サイドにはEdition1デカールがドアミラーとボディ下部に貼られている。このほか、AMGナイトパッケージが装備されスポーティーさをさらに高めている。

 インテリアデザインもEdition1専用インテリアトリムのほか、数々の専用装備が装着され、乗る人をレーシーな雰囲気に包み込む。

 もともと、Aクラスに用意されていたAMGモデルには、A45がラインナップにあった。しかし今回日本で販売が開始されたのはA35となる。すでに欧州ではA45の発売が開始され、パワーも運動性能もスポーツカー顔負けの走りを見せつけ、0~100km/hを3.9秒という俊足なので、日本導入が待ち遠しい。

 しかし、A35もホットハッチモデルであり、非常にパワフルでありながら5人乗れて実用性がある。しかもサーキットでも楽しむことができるモデルとしては、かなり魅力的なクルマと言えるだろう。

 車体の大きさは、全長4,436mm、全幅1,797mmのため、狭い日本の住宅街でも難なく取り廻せるサイズとなっており、使い勝手としては申し分ない。

 現在、数多くのハイパフォーマンスカーが、各メーカーから販売されている。しかし、普段の足から本格的なスポーツ走行も楽しめるモデルは、ポルシェ、BMW Mシリーズ、そしてメルセデスAMGぐらいしか見当たらない。

 AMGモデルというのは、一度手に入れてしまうと、その魔力に魅了されてしまう。これまで新車でAMGを手に入れるには、1,000万円以上を出さなければならなかったがが、AMGとしてはかなりリーズナブルな価格(とはいってもコンパクトカーで600万円超は高いが)で、その魔力を手に入れることができる。

 現在Mercedes me Tokyo六本木では、ボディカラーがイリジウムシルバーのメルセデスA35 4MATICを展示している。

 新車車両本体価格(消費税10%税込み)
 Mercedes A35 4MATIC 628万円
 Mercedes A35 4MATIC Edition1 743万円(全国限定600台)(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る

関連キーワードメルセデス・ベンツ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース