Intelの新SoC「Lakefield」は「big.LITTLE」ならぬ「Big-Bigger」構成

2019年9月4日 17:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelが半導体関連カンファレンス「Hot Chips 31」でモバイル向けプロセッサ「Lakefield」の概要を発表した(PC Watch)。

 Lakefieldは年内に出荷が予定されているプロセッサ(モバイルSoC)で、またCPUコアやGPUコア部分は10nmプロセスで、I/O周りは22nmプロセスベースの「22FLプロセス」で製造し、それらを積層した構造になっているのが特徴。これによって12mm角のパッケージにPC向けプロセッサ並みの機能を詰め込み 、さらに待機電力は従来の10分の1以下にできるという。

 CPUコアは高性能な「Sunny Cove」を1つ、Atom系で低消費電力の「Tremont」を4つ搭載した構成で、Intelはこの構成をIntelは「Big-Bigger」と呼んでいる。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | Intel

 関連ストーリー:
IntelがエントリーレベルCPUの生産を外部に委託する計画との報道 2018年11月03日
ARMが新コア「Cortex-A76」(Enyo)を発表、「Skylakeの9割」の性能があると主張 2018年06月04日
Intel、HoloLensで使用されているAtom SoCの出荷を10月で終了 2017年08月14日
Intel、ARMベースのSoC製造を開始へ 2016年08月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel半導体

広告