記憶定着の学習アプリ「Monoxer」、学習回数が1日10万回突破

2019年9月4日 17:05

小

中

大

印刷

 記憶定着に特化したAI型学習アプリ「Monoxer」を提供しているモノグサ(東京都千代田区)は4日、Monoxerでの学習回数が、1日あたり10万回を突破したと発表した。Monoxerは、塾・予備校・英会話教室を中心に幅広く使用されているが、夏休み明けからの利用増が影響し、今回の数字達成となった。

【こちらも】食品ロス解消と寄付を同時に 食シェアアプリ「tabekifu 」β版9月リリース

 Monoxerは、覚えたい 、ないしは、覚えて欲しい情報を、Monoxer内の専用Bookに取り込むだけで、記憶するために最適な問題が自動作成され出題されるソフト。個人の記憶度に応じて、難易度や出題形式、頻度も自動的に調整される。

 また、自分がどれだけ記憶できたかがグラフで可視化される機能も搭載。自ら設定する学習計画機能も付いており、計画的な学習が実現する。スマートフォン向けアプリであるため、いつでもどこにいても学習できるのも利点だ。

 2018年5月にサービスを本格始動して以来、塾や予備校、英会話教室などの生徒に、予習やテスト対策などとして多く使われ、コーチングツールとしても導入されている。これまで、1カ月間で1万問以上も解答する生徒が現れたほか、Monoxerを活用することで、TOEFLのスコアが30%以上アップした事例もあったという。

 また、2018年12月には、UB Ventures、iSGSインベストメントワークス、ツネイシキャピタルパートナーズのVC3社から1億円の資金調達も実施しており、外国人労働者を含めた従業員教育の分野での活用促進を推進し、労働不足解消の一助としたいとしている。

 今回の1日あたり10万回の学習回数突破は、夏休み明けの利用者急増によるものであるが、同社では今後も、さらに使いやすさと有用性の向上を目指していくとしている。

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース