食品ロス解消と寄付を同時に 食シェアアプリ「tabekifu 」β版9月リリース

2019年8月30日 20:08

小

中

大

印刷

(画像: tabekifuの発表資料より)

(画像: tabekifuの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 tabekifu(東京都渋谷区)は、フードロスの解消と寄付が同時にできる、社会貢献型食のシェアリングアプリ「tabekifu 」β版を9月13日にリリースする。同様の取組は、日本初という。

【こちらも】ローソン、配送後のトラック活用し廃棄食品回収の実証実験

 農林水産省によると、国内の食品ロスの総量は年間643万トン(2016年度)にのぼり、食品廃棄問題が取りざたされている。このロスを少しでも改善し、世界の飢餓で苦しむ人たちの力になるためのプラットフォームが「tabekifu」だ。

 「tabekifu」では、登録している飲食店が、仕込みすぎた食材や、キャンセルで余剰ができたメニューを登録することで、食品ロスを軽減する(通常のメニューも登録可能)。アプリを通して注文された金額の一部は、利用者が選択した社会貢献団体に寄付され、その額は、食べたものをSNSで拡散するとアップする。

 ヨーロッパではすでに、数百万人の登録者を持つ同タイプのアプリがある中で、同社は日本初の取組を推進することにより、世界一のアプリになることを目指すという。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース