理研、スパコン「京」をシャットダウン

2019年9月3日 22:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 8月30日、理化学研究所がスーパーコンピュータ「京」のシャットダウンを行った(PC Watch理化学研究所の発表)。

 京は2012年9月に運用が開始され、大規模グラフ解析処理共益勾配法ベースのベンチマーク性能で世界1位を獲得するといった成果を出していた。

 9月より撤去工事が行われ、後継機の「富岳」の設置が進められる。富岳の運用開始は2021年が予定されている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | スパコン | 日本 | テクノロジー | サイエンス

 関連ストーリー:
スパコン「京」、運用終了後は廃棄。維持費の高さが再利用の障害に 2019年06月24日
理化学研究所のスパコン「京」、8月に停止・撤去へ。後継機整備のため 2019年02月08日
スパコン「京」、共益勾配法ベースのベンチマークテストで世界1位を獲得 2016年11月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード理化学研究所(理研)スーパーコンピュータ

関連記事

広告

財経アクセスランキング