トランザスの子会社がシンガポールのOTTO社とパートナーシップ契約を締結

2019年9月3日 09:32

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

トランザス<6696>(東マ)の完全子会社TRANZAS Asia Pacific(シンガポール「TAP」)が、8月28日にシンガポールのOTTO Solution(シンガポール 「OTTO」)とパートナーシップ契約を締結した。

トランザス<6696>(東マ)の完全子会社TRANZAS Asia Pacific(シンガポール「TAP」)が、8月28日にシンガポールのOTTO Solution(シンガポール 「OTTO」)とパートナーシップ契約を締結した。[写真拡大]

写真の拡大

■最初のプロジェクトとしてシンガポールのフォルクスワーゲン社に

 トランザス<6696>(東マ)の完全子会社TRANZAS Asia Pacific(シンガポール「TAP」)が、8月28日にシンガポールのOTTO Solution(シンガポール 「OTTO」)とパートナーシップ契約を締結した。

 OTTO社は、照明、オートメーション設備、スマートソリューションを東南アジア5カ国に幅広く展開するソリューションプロバイダーであり、過去より2000を超えるプロジェクトをハンドルしている。同パートナーシップ契約は、OTTO社の展開する照明ソリューションにトランザスのIoTソリューションを組み入れ、両社の結合型ソリューションであるSmart IoT industry 4.0ソリューションを東南アジアに展開する事を目的としている。

 TAP社は2019年にフォルクスワーゲンの5階建て新築ビルプロジェクトに参加し、OTTO社と最初のソリューションを提供する予定である。来年度以降も幾つかが視野に入っているとし、SHISA (顔認証Gate controller) 及び空調制御を含めたパッケージ化したソリューションの構築を現在進めている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング