ワイヤレスイヤホンを収納・充電するスマートウォッチ「Wearbuds」登場

2019年9月1日 22:12

小

中

大

印刷

使用イメージ。(画像: Aukeyの発表資料より)

使用イメージ。(画像: Aukeyの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 使用イメージ。

 ワイヤレスイヤホンを内蔵して充電可能なスマートウォッチ「Wearbuds(ウェアバッズ)ワイヤレスイヤホン内蔵スマートウォッチ」が、Makuakeでクラウドファンディング中だ。この製品はスマートウォッチが充電ケース代わりとなり収納&充電ができるため、よりスマートにワイヤレスイヤホンを持ち運びできる。

【こちらも】ソニー、ハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist」を英国で発売へ

 ワイヤレスイヤホンは、Bluetooth 5.0で接続ができ低遅延。コーデックはクアルコムaPTXに対応しており、CDのような無劣化の音質でサウンドを楽しめる。またAACにも対応しているためiOS端末でも高品質音源を楽しめる。CVC8.0ノイズキャンセリングでノイズを90%カットし、雑音が多い中でもクリアな音声で通話が可能だ。

 人体工学に基づいたデザインのためフィット感と安定感があり、長時間の使用でも耳が痛くなりにくい。また、シリコン製のイヤーチップはL/Sサイズの2種類が付属しており、耳の大きさに合わせてカスタムできる。イヤホンは左右どちらかをタッチコントールすることで一時停止や再生、電話に出る、音量調整などさまざまな操作が可能だ。

 持続時間は、1回のフル充電で5.5時間使用可能。スマートウォッチでは2回充電できるため、合計すると最大12時間は使えることになる。防水レベルはIPX5のため、汗や水に強く、シャワーを浴びながら使っても問題ないという。

 スマートウォッチはシャイニーブラック、シャイニーミント、シャイニーホワイト、グロッシーホワイト、シャイニーコーラルの5色展開。専用アプリ「Aipower」をダウンロードすることでスマホと連携し、電話やSMS、アプリの通知を確認できる。フィットネストラッカーや心拍数を記録する機能も搭載されており、健康管理にも役立つ。

 一般販売予定価格は1万7,765円。現在Makuakeでは20%オフの1万4,210円や、Web限定色のシャイニーミント/シャイニーコーラルが1万4,800円(一般販売予定価格1万8,266円)で支援を受付中だ。プロジェクトは10月30日までだが、商品はなくなり次第終了するので欲しい人は早めに検討しよう。

※表示価格はすべて税込、情報は記事掲載時のもので変更の可能性があります。

関連キーワードiOSBluetoothクラウドファンディングスマートウォッチ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース