ワイヤレスイヤホンを収納・充電するスマートウォッチ「Wearbuds」登場

2019年9月1日 22:12

小

中

大

印刷

使用イメージ。(画像: Aukeyの発表資料より)

使用イメージ。(画像: Aukeyの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 使用イメージ。

 ワイヤレスイヤホンを内蔵して充電可能なスマートウォッチ「Wearbuds(ウェアバッズ)ワイヤレスイヤホン内蔵スマートウォッチ」が、Makuakeでクラウドファンディング中だ。この製品はスマートウォッチが充電ケース代わりとなり収納&充電ができるため、よりスマートにワイヤレスイヤホンを持ち運びできる。

【こちらも】ソニー、ハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist」を英国で発売へ

 ワイヤレスイヤホンは、Bluetooth 5.0で接続ができ低遅延。コーデックはクアルコムaPTXに対応しており、CDのような無劣化の音質でサウンドを楽しめる。またAACにも対応しているためiOS端末でも高品質音源を楽しめる。CVC8.0ノイズキャンセリングでノイズを90%カットし、雑音が多い中でもクリアな音声で通話が可能だ。

 人体工学に基づいたデザインのためフィット感と安定感があり、長時間の使用でも耳が痛くなりにくい。また、シリコン製のイヤーチップはL/Sサイズの2種類が付属しており、耳の大きさに合わせてカスタムできる。イヤホンは左右どちらかをタッチコントールすることで一時停止や再生、電話に出る、音量調整などさまざまな操作が可能だ。

 持続時間は、1回のフル充電で5.5時間使用可能。スマートウォッチでは2回充電できるため、合計すると最大12時間は使えることになる。防水レベルはIPX5のため、汗や水に強く、シャワーを浴びながら使っても問題ないという。

 スマートウォッチはシャイニーブラック、シャイニーミント、シャイニーホワイト、グロッシーホワイト、シャイニーコーラルの5色展開。専用アプリ「Aipower」をダウンロードすることでスマホと連携し、電話やSMS、アプリの通知を確認できる。フィットネストラッカーや心拍数を記録する機能も搭載されており、健康管理にも役立つ。

 一般販売予定価格は1万7,765円。現在Makuakeでは20%オフの1万4,210円や、Web限定色のシャイニーミント/シャイニーコーラルが1万4,800円(一般販売予定価格1万8,266円)で支援を受付中だ。プロジェクトは10月30日までだが、商品はなくなり次第終了するので欲しい人は早めに検討しよう。

※表示価格はすべて税込、情報は記事掲載時のもので変更の可能性があります。

関連キーワードiOSBluetoothクラウドファンディングスマートウォッチ

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース