Xperia 1、DxOMark MobileでSonyスマホ初の90点台を獲得

2019年8月31日 23:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

スマートフォンのメインカメラを評価するDxOMark Mobileで、Xepria 1がSonyのスマートフォンとして初の90点台を獲得した(Sony Xperia 1 camera review)。

Xperia 1のメインカメラは各12メガピクセルのトリプルカメラ(広角・望遠・超広角)構成で、光学2倍ズームに対応するフラッグシップモデルだ。写真のサブスコア94点はXperia XZ Premium(82点)やXperia XZ3(76点)などSonyの従来モデルと比べて大幅に向上しているが、上位10機種が110点以上を獲得しているトップグループには遠く及ばない。

個別のテスト項目ではAutofocus(95点)やTexture(68点)で上位と遜色ない成績を上げているものの、Exposure & Contrast(82点)やArtifacts(69点)が特に低評価ポイントとして挙げられている。Exposure & ContrastはXperia XZ PremiumやXperia XZ3よりも低評価だ。Xperia XZ3はTextureでもXperia 1を上回っている。スコア全体に対する比重は低いとみられるが、Flash/Zoom/Bokehは上位5機種に2桁の差を付けられており、Flashではこれまでにテストされた4機種のXperiaすべてを下回る。
動画のサブスコアは84点で、Xperia XZ Premiumと同点、Xperia XZ3よりも1点低い。DxOMark Mobileスコアは91点となり、最新のカメラハードウェアを備えながらパフォーマンスは驚くほど低く、ミッドレンジモデルや古いフラッグシップモデル並みと評価されている。

フロントカメラを評価するDxOMark SelfieではSonyのスマートフォンとして初のテストが行われ、78点を獲得してこれまでにテストされた20モデル中12位となっている。写真のサブスコアは82点で、Focus(90点)で20モデル中1位の成績を上げており、被写界深度の深い固定フォーカスが功を奏したと評価されている。Exposure(82点)やTexture(69点)も上位と遜色ない。一方、Color(39点)の成績が特に低く、20モデル中18位となっている。動画のサブスコアは72点で、Focus(85点)やArtifacts(80点)、Stabilization(70点)などは上位と遜色ない成績となっている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | Sony | 携帯電話

 関連ストーリー:
Galaxy Note10+ 5G、DxOMark Mobile/Selfieで歴代最高スコアを獲得 2019年08月18日
21:9画面のXperia 1、国内モデルはテレビ受信機能を搭載 2019年05月19日
Huawei、光学5倍ズーム対応カメラを搭載するP30 Proを発表 2019年03月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニーXperiaXperia 1

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース