ローソン、店員ゼロで深夜営業の実証実験

2019年8月27日 23:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 nemui4曰く、

 コンビニエンスストアチェーンのローソンが、セルフレジを活用することで深夜の店舗を店員を配置せずに運営する実証実験を開始する(ITmediaEngadget日本版Impress Watch)。

 店内には多数の防犯カメラが設置されており、これを外部の警備会社が監視、万引などがあれば警備員が駆けつけるそうな。

 この実証実験は、ローソン氷取沢町店(神奈川県)で、8月23日から約半年間実施される。無人で営業されるのは0時から5時の間。現状はバックヤードに1名の店員が常駐するとのことだが、完全無人運営の実験も行われる。

 深夜営業中の店舗を利用するには、入店のQRコード、もしくは入り口での顔写真の登録が必要となる。このQRコードはスマートフォン向けの「ローソンアプリ」で表示できるほか、近隣の顧客にはQRコードを印刷したカードを手渡すことも考えられているようだ。また、年齢確認ができないため酒やタバコ類の購入はできず、店内で調理するタイプの商品の提供も行われないという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ビジネス | セキュリティ

 関連ストーリー:
飲食業界ではすでにロボットが人間の職を奪いつつある 2016年12月14日
JR武蔵境駅にキャッシュレス決済専門・セルフレジのみの「NewDays」登場 2019年07月26日
Lenovo、北京のキャンパスに無人コンビニエンスストアをオープン 2018年11月09日
スラドに聞け:最近増えているセルフレジの是非 2017年02月01日
ファミリーマート、会社内での無人販売を開始 2013年09月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードローソンセルフレジ

広告

広告