IOC、東京五輪は高温高湿度環境下で行われるとして選手に対策求める

2019年8月23日 21:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 国際オリンピック委員会(IOC)が、選手に対し東京オリンピック時の気候への準備を呼びかけている(オリンピック公式サイトの「Beat the heat at Tokyo 2020」ページ朝日新聞)。

 公式サイトの記事によると、東京オリンピックは「暑く高湿度になるだろう」とし、選手はできる限り暑さ・湿度対策をすべきとしている。対策としては高温下でエクササイズを繰り返して体を鳴らしておく、給水を欠かさない、日陰でウォーミングアップをする、冷却ベストや冷やしたタオル、送風機による冷却などを行う、などが挙げられている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ニュース | スポーツ

 関連ストーリー:
東京五輪・オープンウォータースイミングおよびトライアスロン会場の水質に懸念 2019年08月14日
五輪テスト大会で暑熱対策のテストが行われる 2019年08月08日
夏場での熱中症対策にお茶や水と塩飴では不十分 2019年06月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京オリンピック

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース