立憲・国民が衆参で統一会派

2019年8月21日 08:38

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表は20日、衆参で会派を共にすることで合意した。政府与党に対応し、国会の監視機能を強化するには野党の統一会派を強くすることが必要だとして、立憲の枝野代表が今月5日に国民民主に会派入りを呼びかけていた。

 合意では(1)衆院において国民民主は立憲民主の申し入れを受け入れ、会派を共にする。(2)衆議院での会派名は「立憲民主党・国民フォーラム」を中心に検討する。(3)参議院において、立憲民主は国民民主の意向を踏まえ、8月5日の申し入れに準じた内容で会派を共にする。(4)参議院での会派名は「立憲民主党・国民・希望の会」を中心に検討する。

 (5)政府提出法案への対応や会派の意思決定手続き、運営方法などは会派運営協議会を設置し検討を始める。(6)国会の監視機能強化のため国会共闘に全力を注ぎ、それぞれが異なる政党であることを踏まえ、それぞれの立場に配慮しあうことを確認する。(7)それぞれがすでに提出している、8月5日の申し入れに記載された以外の議員立法の扱いについては、別途協議する、などで合意した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
有志連合、自衛隊派遣「反対」は「賛成」の2倍
衆院野党統一会派、具体策折り合うかがカギ
総理や閣僚に靖国公式参拝なきよう要請 真宗連

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード枝野幸男玉木雄一郎立憲民主党国民民主党

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース