Windows 10 18963(20H1)、ワードパッドやペイントがオプション扱いに

2019年8月21日 08:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ユーザーとの激しい戦いの結果、Microsoftは昨年秋に計画していたWindows 10における「ペイント」アプリケーションの削除計画を破棄した(過去記事)。とはいえ新しいツールである「Paint 3D」への移行を諦めたわけではない。実際、今週初めに公開されWindows 10 Insider Preview Build 18963(20H1)では、いくつかのコアWindowsプログラムをオプション機能扱いに変更し始めた。

 Windows 10バージョン1809とWindows 10 20H1のオプション機能を比較すると、ワードパッドやペイントはオプション機能扱いに変更されている。ただし、デフォルトで有効化はされているので、従来通りの利用は可能とだ。同様にオプション化されたものとしては、Microsoftクイックアシスト、Windowsユーザーエクスペリエンス、ステップレコーダーがある(NeowinGHACKSSlashdot)。

 スラドのコメントを読む

 関連ストーリー:
Kickstarter、プロジェクト「ZANO」に関する調査をジャーナリストに依頼 2015年12月13日
Windows 10 May 2019 Updateの「ペイント」ではキーボード操作で描画可能に 2019年05月18日
Microsoft、当面は「ペイント」をWindows 10から削除しないと明言 2019年04月27日
「ペイント」はWindows 10から削除される?されない? 2019年02月17日
Windows 10 Insider Preview、アンインストール可能な標準アプリが大幅に増加 2018年10月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10

広告